Jリーグ第12節サガン鳥栖vsFC東京

月8日FC東京はホーム味の素スタジアムにサガン鳥栖を迎え入れる。一方のサガン鳥栖にとっては5位浮上を狙う重要な試合となる。前節で鳥栖は序盤から流動的な動きでC大阪を翻弄し、サイド攻撃を中心に相手ゴールへ襲い掛かる。守備の局面では、自陣の深い位置に進入されても持ち前の堅守で抑え込み、スコアレスで試合を折り返す。後半28分にPKで先制を許すが、同38分には藤田が豪快なミドルシュートを決めて同点に。その後は猛攻を仕掛けるも、逆転弾は奪えずに試合終了。今季初の連勝とはならなかったが、多くのサポーターの前で意地を見せた。一方のFC東京は松木のJ初ゴールもむなしく、5-1で悪夢の大敗。守備陣の主力を欠いた影響が大きく響く結果となった。両チームの過去22試合結果を見てみるとFC東京8勝9敗5分けとなっている。オッズは下記をご参考ください。

J1リーグ日本プロサッカーリーグ
©Adobe Stock/Giordano Aita

FC東京サガン鳥栖から5位の座を死守できるのか?

ブックメーカー日本ベット22(5月4日付)を参考に試合の予想をしてみよう。まず勝敗予想を見てみるとFC東京2.32倍、サガン鳥栖3.24倍、引き分け3.185倍となっている。賭けたチームが勝利または引き分けで的中になる賭け方のダブルチャンスは、FC東京1.34倍、サガン鳥栖1.605倍、FC東京 or サガン鳥栖1.35倍が与えられている。両チーム得点はBTTS(Both Team to Score)とも呼ばれる賭け方で、両方のチームが最低1点以上は得点するか、しないかを予想する賭け方です。『両チームとも得点ーはい』2.15倍、『両チームとも得点ーいいえ』1.665倍『各チームが2以上得点―はい』7.20倍、『各チームが2以上得点―いいえ』1.048倍が与えられている。アジアントータルは、オーバー/アンダーベッティングに似ています。『トータルオーバー0.75』1.095倍、『トータルアンダー0.75』7.10倍、『トータルオーバー1.25』1.32倍、『トータルアンダー1.25』3.36倍がついている。トータルは両チームの合計得点を予想する賭けです。

オーバー1.5に賭けた場合、1-0だと負け、1-1や2-0だと勝ちになります。オッズを見ると『トータルオーバー0.50』1.064倍、『トータルアンダー0.50』6.75倍、『トータルオーバー2.0』1.835倍、『トータルアンダー2.0』1.968倍。合計得点はチームや選手に詳しいパンターが積極的に選ぶベット方法でもありますが、実際は初心者パンターにもおすすめです!両チームのコンディションや選手のケガの有無、ホームかアウェイ、などの情報を把握してドーンとチャレンジしてみて下さい。このマッチFC東京に白星と予想します。

22Betレビューをご参考ください。