レアルの個はシティの強固な守備を崩せる?

決勝トーナメントラウンド8の試合が終わり、レアル・マドリード対マンチェスター・シティ、ビジャレアル対リヴァプールとラウンド4が出揃った。両カード共にスペイン対イングランドの構図であり、最も盛り上がりを見せるのが今回の特集のレアル対シティの一戦だろう。レアルとしてはここまで非常に苦しい戦いだった。ラウンド16ではパリ・サンジェルマンと対戦。最終的には勝利したが、キリアン・ムバッペら強烈な個に苦戦した。続くチェルシー戦は1stレグで圧倒も、2ndレグでは逆に圧倒され、何とか1stレグでの貯金で勝ち越しを決めた。各リーグの上位クラブとの連戦の中で、次はプレミアのトップと対戦することになる。

UEFAチャンピオンズリーグ
©Adobe Stock/athitat

ここではケビン・デ・ブライネらの攻撃を防ぐ守備など多くのことが重要になるが、最も大事なことはカリム・ベンゼマ、ヴィニシウス・ジュニオールからなるコンビがどこまで通用するかだ。結局のところレアルはここまでこのコンビの攻撃力を最大の武器として突破してきており、逆に通用しなければチェルシーとの2ndレグのような苦しい戦いが強いられることになる。PSG、チェルシーを撃破したものの、次はシティと運には恵まれていないレアル。それでも、西『MARCA』ではこれを勝ち抜いてビッグイヤーを獲得すれば、長い歴史の中でも最も価値あるチャンピオンになるとしており、27日の1stレグに期待だ。一方の悲願の初優勝を狙うマンチェスター・シティは昨季、決勝まで進んだもののチェルシーとの同国対決に敗れた。2シーズン連続のファイナル進出なるか。また悲願のCL初制覇に向けてレアル・マドリーとの準決勝に神経を使わざるを得ないだけに、取りこぼしも十分考えられるだろう。気になるオッズについては下記をご参考ください。

CL決勝へ進むのはどちらのチームか?

まずは4月23日付ブックメーカー日本ダファベットのオッズを見てください。試合結果を見てみると、マンチェスター・シティ1.53倍、レアルマドリード6.00倍、引分け4.50倍となっておりブックメーカーの本命はマンチェスター・シティのようだ。片側のチームにハンディをつけた賭け方のアジアンハンディキャップをみると「マンチェスター・シティ-1.0」1.9倍に賭けた場合、引き分けだと1.0を引くと負けになりますので、1.5点差以上で勝つと的中になります。「レアルマドリード1.0」2.02倍が与えられています。次にアンダー/オーバーに注目「オーバー・アンダー0.5」オーバー1.11倍、アンダー5.50倍、「オーバー/アンダー1.5」オーバー1.57倍、アンダー2.30倍が与えらている。皆さんにもCL準決勝で最も注目されているゲームにベットして楽しんでもらいたい。このゲーム死闘の末にマンチェスター・シティが勝利すると予想します。

ダファベットレビューをご参考ください。