イングランドプレミアリーグ2021‐2022いよいよ開幕

2020‐2021シーズンはマンチェスターシティが2シーズンぶりの優勝となり閉幕したイングランドプレミアリーグ。2位マンチェスターユナイテッドに勝ち点12差。得失点差22。完璧なまでの強さを見せつけたマンチェスターシティでしたが、2021-22シーズンはどのような戦いが待ち受けているのでしょうか。ベッティングガイドをご参照ください。

イングランドプレミアリーグ
©Adobe Stock/charnsitr

チーム紹介と見どころガイド

先日行われたユーロ2020で、イングランドが準優勝し、プレミアチーム所属の選手が多数存在したこともあり、プレミアリーグに興味をもった人も多いと思います。テレビでゲームを見るだけよりベッティングをして同時に楽しんでみてはどうでしょうか?ここではチーム紹介と見どころを説明していきます。

マンチェスターシティ

2017年にペップ・グアルディオラ監督が就任すると、その4年間でリーグ優勝3回(うち1回は勝点100に到達の記録更新)、FAカップ優勝1回、リーグカップ4連覇と目覚ましい成長を見せました。今シーズンの目標はずばりリーグ優勝です。

リバプール

リバプールには現在南野拓実選手が在籍していることもあり注目度の高いチームでもあります。リーグ優勝を果たした2019−2020シーズンは3人だけで57ゴールを記録するなど、チームの戦術にマッチした前線の選手が輝ける、非常に整ったチームであるといえます。

チェルシー

昨年のクラブレジェンドでもあるフランク・ランパード前監督の解任は波紋を呼びましたが、跡を継いだトーマス・トゥヘル監督はあっという間にチームを立て直し、率いて約半年でチームをCL王者に導く活躍を見せました。リーグ制覇と自身の首をかけて戦うことになるトゥヘル監督の手腕が見どころでしょう。

マンチェスターユナイテッド

香川真司選手が所属したこともあって日本でも人気の高いチーム。リーグ優勝20回を誇る常勝チームです。オッズについては下記をご参照ください。

イングランドプレミアリーグ優勝オッズ

8月12日付ウィリアムヒルのオッズを参考に優勝予想をしてみましょう。

まず第1の優勝候補はマンチェスターシティー1.67倍、リーグ優勝3回、(うち1回は勝点100に到達の記録更新)FAカップ優勝1回、リーグカップ4連覇と目覚ましい成長を遂げたチーム。ダントツのオッズ評価ですね。オッズ2番手にリバプール6倍、3番手にチェルシー6倍、マンチェスターユナイテッド9倍で4番手、レスターは41倍で5番人気。やはりマンチェスターシティが優勝するのでしょうか?個人的にはルカク選手が新しく加わるチェルシーが優勝のもありなのではないかと思います。みなさんの予想はいかがでしょうか。試合を見て好きなチームを応援しながらベッティングを楽しんでみてください。ウィリアムヒルレビューに行く。