ウォリアーズとセルティックスNBAファイナル2022がスタート

北米プロバスケットボールリーグNBAにおいて、シーズンのイースタン・カンファレンスとウェスタン・カンファレンスの王者が対決し、チャンピオンを決めるのが「NBAファイナル」だ。2022シーズン最後のイベントでもある「NBAファイナル2022」では、ウェスト王者のゴールデンステイト・ウォリアーズとイースト王者ボストン・セルティックスが対戦する。NBAの今季の王者を決める「ファイナル(FINALS)」は、2日(日本時間3日)にカリフォルニア州サンフランシスコで幕を開けた。2010-11シーズン以来22度目の「ファイナル」となるボストン・セルティックスと過去8年で6度目進出しているゴールデンステート・ウォリアーズが激突するこのファイナル。ここでは第1戦に注目しよう。前半こそ両者譲らずの接戦だったが、ウォリアーズが第3Qを38-24で圧倒しリードを奪う。しかし、第4Qはその構図が完全に逆となり、ウォリアーズはわずか16点に抑え込まれ、大ベテランのAl Horford(アル・ホーフォード)らの活躍によってセルティックスが逆転。そのまま猛攻を続け、120-108で重要な第1戦を制した。

NBA バスケットボール
Adobe Stock/Brocreative

セルティックが敵地で貴重な1勝

日本ブックメーカー大手「ウィリアム・ヒル」6月3日発表オッズでは優勝オッズは西地区第3シードから勝ち上がったウォリアーズが2.45倍で東地区第2シードで通算18回目がリーグ制覇を狙うセルティクスは1.61倍。セルティクスが12年ぶりのファイナル進出であるのに対して、ウォリアーズはここ8年で6回目(2015、17、18年は優勝)とあって、直近の成績を評価されての“優位予想”となっている。現地メディアが公開した20名の専門家たちによるウォリアーズとセルティックスの頂上決戦の勝敗予想とファイナルMVP予想を紹介しよう。20名のうち、4戦のスウィープ決着とした者は皆無で、5戦(4勝1敗)でウォリアーズ優勝と予想したのはボビー・マークスのみ。そのほか19名はいずれも6戦か7戦までもつれると予想。そのうち12名が第7戦まれもつれるという見解を示していた。これを参考に合計ゲーム数オッズを見てみよう。『4ゲーム』7.00倍、『5ゲーム』4.20倍、『6ゲーム』2.75倍、『7ゲーム』2.90倍となっている。シリーズでの正しい結果のオッズは『ボストン・セルティックス 4-0』7.0倍、『ゴールデンステート・ウォリアーズ 4-1』11.00倍、『ボストン・セルティックス 4-1』6.00倍、『ゴールデンステート・ウォリアーズ 4-2』6.75倍、『ボストン・セルティックス 4-2』4.0倍、『ゴールデンステート・ウォリアーズ 4-3』4.30倍、『ボストン・セルティックス 4-3』7.0倍となっています。セルティックスが12年ぶりの優勝達成と予想します。

ベッティングガイドに行く。