NBA 2021-2022シーズンついに開幕

10月19日(日本時間20日)、NBA創設75周年となる2021-22シーズンがついに開幕し、ブルックリン・ネッツ対ミルウォーキー・バックスとゴールデンステイト・ウォリアーズ対ロサンゼルス・レイカーズの2試合が行なわれた。

NBA バスケットボール
Adobe Stock/Brocreative

ミルウォーキー・バックス対ブルックリン・ネッツ

バックスが127‐104でネッツを圧倒した。バックスのヤニス・アデトクンボが、レギュラーシーズンでもこの自信に溢れたプレイを続けるようならば、リーグにとってさらなる脅威となると言われていたが、開幕戦ではまさにその姿を見せた。スター選手がそろうネッツに対して30分間の出場で32得点、14リバウンド、7アシスト、1スティール、2ブロックという素晴らしい記録を残しバックスの勝利を確約した。またネッツは、カイリー・アービングがチームから離脱中ということもあって、本来望んでいた形でシーズンを迎えられなかった。どういったスタメンが有効的なのかをまだ手探り中といった感じだ。

ゴールデンステイト・ウォリアーズ対ロサンゼルス・レイカーズ

ウォリアーズのステフィン・カリーのパートナーと言えば、クレイ・トンプソンだ。しかし彼の復帰は少なくてもクリスマス以降になりそうだ。その間をカバーするのはジョーダン・プールだ。彼はカリーさながらのステップバックスリーを決め試合の主導権を奪ったのだ。この様なプレーが継続すればウォリアーズのガード層はとても強くなるだろう。レイカーズはレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスはそれぞれ30得点以上獲得のダブルダブルを記録するなど、開幕戦からしっかりと仕上がっていることを見せてくれたが、レイカーズはオープニングゲームを落とし、プレシーズンと合わせて7連敗。また、レブロンが加入した2018年から4年連続で開幕黒星スタートとなった。詳しくは下記のオッズをご参照下さい。

NBA2021-2022シーズンの優勝チーム予想

10月22日ベット365のオッズを参考に優勝チームを予想してみよう。日本ブックメーカーの一番人気はブルックリン・ネッツで3.3倍のオッズがついている。2番人気はロサンゼルス・レイカーズのオッズ5倍、3番人気はミルウォーキー・バックス9倍それに続き4番手ロサンゼルス・クリッパーズ、ユタ・ジャズが15倍のオッズだ。大穴を見てみるとヒューストン・ロケッツが351倍のオッズがついている。優勝チームを予想してみるとレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルックの超豪華プレイヤーぞろいのレイカーズじゃないだろうか。

ベット365レビューに行く。