世界屈指の名門クラブナポリ対ACミランの首位攻防戦

セリエA第28節ナポリ対ACミランの試合がナポリのホーム、ディアゴ・アルマンド・マラドーナスタジアムで行われる。ホームのナポリは前節終了の時点で難敵ラツィオに劇的な展開で勝利をした。そんなナポリで非常に活躍を見せているのが、チームを最後方から牽引するコロンビア代表GKダビド・オスピナだ。今季よりアレックス・メレトに代わって守護神の座を射止めたベテランだ。

セリエA
©Adobe Stock/piter2121

一方前節終了時点で首位だったミランは、ウディネーゼと1-1のドロー。29分にラファエル・レオンのゴールで先制に成功したが、奇しくも66分にウドジェに押し込まれて追いつかれている。問題点はミランのレオンへの依存だろう。どんな試合でも活躍してくれるアタッカーなどそうはいないだけに、ミランはレオンの調子次第で攻撃力が大きく変化する。すぐには解決のできない難問だ。前節の結果を受け、ナポリが勝ち点を57(得失点差+30)まで伸ばし、ミラン(同57:得失点差+24)とインテル(同55:得失点差+33 ※1試合未消化)をかわして一気に首位へ浮上した。サッカーベッティングをご参考ください。

ACミラン悲願のスクデット奪還できるのか?

まずはピナクル3月2日付オッズを見てみよう。マネーラインを見ると多くのプレイヤーは勢いに乗ったナポリの勝利を予想しているようだ。オッズは2.19倍となっている。引分けは3.410倍ACミランは3.67倍だ。ダブルチャンス前半を見てみるとナポリまたは引分は1.243倍、引分または、ACミランは1.434倍ナポリまたはACミラン1.684倍。まずまずの倍率におさまっている。ナポリ無失点で勝利は3.900倍いいえは、1.285倍。ダビドはここまでの出場23試合でリーグ2位となるセーブ率(78.9%)を誇っている為、無失点勝利の可能性は高いと思う。オッズが高く設定されているのでお勧めの賭け方だ。他にみてみると、前半の得点差を当てるウイニングマージンもオッズが高くお勧めできる。ナポリの1倍は3.80倍、2ゴール差以上で9.250倍の高オッズだ。難易度は高いが当たった際の配当が良いので横道なマネーラインと合わせて掛けてみるの良いだろう。私は予想に反してACミランがスクデットを奪還すると予想する。

ピナクルレビューをご参考ください。