柏レイソルVS名古屋グランパス

前節、アビスパ福岡相手に勝ち点1を掴み取った柏レイソル。今節は、長谷川健太監督率いる名古屋グランパスのホームに乗りこんでの1戦となる。名古屋は昨季までチームを率いたマッシモ・フィッカデンティ監督の下、強固な守備をベースに勝てるチームへと徐々に変化を遂げていった。その成果が一昨季のACL出場権獲得であり昨季のルヴァンカップ制覇だった。にもかからずあえて体制を一新してまで挑む今期に期待されるのはより攻撃力を高め過去2シーズンを上回る成績を残すことだ。現時点ではその兆しはおぼろげだ。豊田スタジアムでは昨季から11戦無敗。

スポンサー
©Adobe Stock/Atstock Productions

開幕3試合で勝点4という結果は満足なスタートとは言えないだけに、ホームで浮上のきっかけを掴みたい。注目はFW酒井宣福だ。前節もゴールまであと一歩のところまで迫っており、加入後初得点に期待ができる。対する柏レイソルシーズン途中に主力の流出が相次ぎ、苦しい1年となった昨季からの巻き返しを狙うが、今季も決して戦力が万全とはいい難い。だがスタートダッシュに成功はしている。開幕4試合で3勝1敗。ここまではリーグトップタイの平均勝点を獲得している。FWドウグラス、FW細谷真大の2トップは大きな強みで、今節は特に細谷とDF中谷進之介のアカデミー出身同士のマッチアップに注目が集まる。心配な面は得点源として期待されるドウグラスなど、補強はピンポイントにとどまり、チーム内得点王のクリスティアーノや、神谷優太といった実力者たちはチームを去った。さらに、課題の守備陣にも大きな変化は見られず。4年連続での指揮となるネルシーニョ監督の下で結集し、まずは残留を確実なものとしたい。両チームの過去の試合結果を見てみると17試合中名古屋グランパス9勝4敗4分けとなっている。オッズについては下記をご参照ください。

名古屋グランパス12戦無敗になるのか?

名古屋VS柏のゲームを3月17日付日本ブックメーカーけピナクルのオッズを参考に予想してみよう。マネーライン試合を見ると多数のプレイヤーは名古屋に白星と予想しているようで、グランパスエイトに2.05倍、レイソルに3.98倍、引き分け3.38倍のオッズが与えられている。両チームの合計得点が基準よりも上か下かを予想する賭け方の両チームが得点する/合計ゴールを見るとはい2.5超は3.00倍、はい2.5未満は7.00ばい、いいえ2.5超は11.5倍、いいえ2.5未満は1.925倍が与えられている。ドローノーベットは名古屋1.434倍、柏は2.80倍のオッズが与えられている。このマッチ名古屋に白星が上がると予想する。

ピナクルレビューをご参照ください。