トッテナム·スパーVS マンチェスター·ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドは土曜、プレミアリーグのトッテナム・ホットスパー戦に挑む。この試合は、マンUのポジティブな姿勢を発信する貴重な機会となるだろう。前節オールド・トラッフォードで宿敵リヴァプールに5-0で大敗したマンUは、オーレ・グンナー・スールシャール監督を筆頭に、チーム全員がかけがえのないファンたちに次の試合で報いたいと決意を固めている。前回のインターナショナル・ブレイク中にフランス代表の試合で怪我を負ったラファエル・ヴァラーヌは欠場が続いている。今回のメンバー入りが叶うかどうかはまだ未定だ。同じくセンターバックのフィル・ジョーンズも、U-23の試合でゲーム勘を戻しつつ、キャリントンで長期離脱からのフィットネス回復に励んでいる。

トッテナム·スパー対マンチェスター·ユナイテッド
©Adobe Stock/charnsitr

中盤では、リヴァプール戦で退場処分になったポール・ポグバが3試合出場停止のため、次戦の欠場が確定している。一方のトッテナム側は、水曜夜に行われるカラバオカップのバーンリー戦で負傷者が出なかった場合、土曜の試合にはほぼフルメンバーで臨める模様だ。サイドバックのマット・ドハーティも怪我から復帰している。唯一、欠場が確定しているのは、先月の代表戦で負傷したライアン・セセニョンだ。プレミアリーグで苦戦中のマンUは、直近の5試合で勝利は1試合のみ。対しトッテナムは直近の6戦で3試合黒星を喫している。前節はウェストハムに1-0で敗れたが順位表ではマンUをを勝ち点1上回り、6位につけている。マンUとトッテナムはこれまで195回対戦し、 マンUが92勝50分53敗と、およそ47%の試合を制している。トッテナム・ホットスパースタジアムで行われたのはこのうち2戦で、どちらもマンUが勝利をおさめている。オッズについては下記をご参考ください。

ユナイテッド対トッテナム予想

10月28日付ピナクルのオッズを参考に試合予想をしてみよう。さすがピナクルだ。ベットが豊富でいろいろと楽しめそうだ。まずは王道どちらのチームが勝つのかを見てみよう。日本ブックメーカーはマンUに2.370倍のオッズ、トッテナムホットスパーに3.00倍のオッズを与えている。前節の大敗から立ち直りマンU勝利の予想をしているのだろう。

両チームが得点するには、1.625倍のオッズ、得点しないには2.360倍のオッズがついている。総得点数のオッズは2ゴール4.1倍のオッズ、3ゴール4.2倍4ゴール5.4倍、1ゴール6.0倍オッズが与えられている。私はリーグ苦戦中のマンUがトッテナム相手に2‐1で勝利をすると予想する。皆さんはどう予想しますか?

ピナクルレビューに行く。