盛り上がりを見せるチャンピオンリーグ後半戦

UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第5戦、グループAの首位マンチェスターシティはホームのエチハドスタジアムに2位パリ·サンジェルマンを迎え入れ対戦。前節ではマンチェスター・シティはベルギーのクラブ・ブリュージュと対戦。前ホームで4-1の快勝をおさめており、確実にグループステージを通過するためにも絶対に勝っておきたい相手であった。現地紙の情報によると、マンチェスター・シティMFケヴィン・デ・ブライネが、新型コロナウイルス検査で陽性だったようだ。

マンチェスターシティエチハドスタジアム
©Adobe Stock/michael715

11月のインターナショナルブレイクでベルギー代表に招集され、ワールドカップ本戦出場権獲得に貢献したデ・ブライネ。代表活動を終えてマンチェスター・Cに合流することになる同選手だったが、新型コロナウイルスに感染したようだ。当面の間チームから離脱することになる。ここにきて、エースのデ·ブライネ離脱はマン·シティにとってはかなりの痛手だ。対するパリ・サンジェルマンは11月20日に行われた、ナント戦に先発アルゼンチン代表FWリオネル・メッシを起用し3‐1で勝利しています。このゴールはメッシにとってバルセロナから移籍後、リーグ戦初ゴールとなった。エムべぺも期待通りに得点をした。

ティーがホームアドバンテージを生かすか?

ダファベット11月23日現在のオッズを参考に日本ブックメーカーの本命はどうなっているのかを見てみよう。チャンピオンリーグ優勝候補のマンチェスターシティーが本命で1.60倍のオッズがついている。パリ・サンジェルマン(PSG)は5.25倍のオッズだ。パリス・サンジェルマンの守備能力については少し疑問が残るが、グアルディオラ率いるチームの攻撃に耐え得点を得るのか?

先に得点をするのはマンチェスターシティー1.5倍のオッズかPSG2.75倍のオッズか。メッシ、ネイマール、エムべぺのトリオが一緒に攻撃を仕掛け初ゴールを決める可能性も高い。スコアーマーケットからトリオのオッズを見てみるとメッシが最初に得点をするには7.00倍のオッズ、エムべぺには7.50倍ネイマーには8.50倍となっている。ホームのマンチェスターシティーはガブリエル・ジェズスとイングランド代表でも活躍したスターリングが共に5.50倍のオッズがついている。

エースデ・デブライネ不在で躍動感にかけるマンチェスターシティーだが、ホームアドバンテージを生かしスターリングの開幕ゴールから勝利をすると予想する。ダファベットレビューにいく。