プレミアリーグ注目の大物対決

プレミアリーグ2021-2022は第22節。マンチェスターシティはエティハドスタジアムでチェルシーと対戦。注目のビッグマッチを制するのはどちらのチームになるのか。首位のマンチェスターシティと2位のチェルシーの一戦。現在の両チームの勝ち点差は10。両チームは1990年以降に63回対戦しており、対戦成績はマンチェスター・シティの22勝30敗11分けとなっています。直近では2021年9月に対戦しており、マンチェスター・シティが1-0で勝利しています。直近の5試合では、チェルシーの3勝2敗となっています。マンチェスター・シティは昨季のプレミアリーグを2位マンチェスター・ユナイテッドに勝ち点12差をつける独走で優勝し、2年ぶり5度目の優勝を果たしています。

イングランドプレミアリーグ
©Adobe Stock/charnsitr

今季は更なる攻撃陣の強化が最大のポイントで、イングランド代表MFジャック・グリーリッシュをアストン・ヴィラから1億ポンド(約152億円)で獲得し話題になりました。対するチェルシーは昨季のプレミアリーグを4位で終えましたが、UEFAチャンピオンズリーグでは2011-12シーズン以来となる2度目の優勝を果たしました。そして今季の最大の目玉は、何と言ってもFWロメル・ルカク(インテル/イタリア)の獲得でしょう。ロメル・ルカクは3シーズンぶりの復帰となりますが、チェルシーにとって非常に大きな戦力となる事でしょう。第15節のウエストハムとの試合で敗れて2敗目を喫し、順位を2位としていますが、首位マンチェスター・シティとは勝ち点10差がついてしまいました。注目のFWロメル・ルカクは5ゴールと、まだまだ本調子には至っていません。チェルシーとしては勝点3を獲得して差をなんとか縮めたいところだ。気になるオッズについては下記をご参考ください。ベッティングガイドに行く。

マンチェスターシティ対チェルシー劇的ゲームのゆくえは?

ブックメーカー日本ウィリアムヒル1月13日付けのオッズを見てみよう。は、マンチェスター・シティ1.65倍チェルシーが5.00倍と3倍以上のオッズ差をつけている。仮に引き分けになった際の引き分け返金はマンチェスターシティ1.28倍チェルシー3.50倍となっている。ゴールスコアラーマーケットを見てみるとトップスコアラーのラヒーム・スターリング2.50倍。それを追うのはフィル.フォデン2.75倍続いてデブライネ2.87倍だ。この大型マッチはマンチェスター・シティの勝利と予想してみましょう。