プレミアムリーグチェルシーVSマンチェスター・ユナイテッド

プレミアリーグも第37節、残り数試合を残しトップ4争いが繰り広げられている。プレミアリーグの名門同士にして、トップ4フィニッシュを争うマンチェスター・ユナイテッドは前節ライバルであるアーセナルとエミレーツ・スタジアムで激突した。試合は開始3分、ヌーノ・タヴァレスの移籍後初ゴールでアーセナルが先制する。その後はマンチェスター・ユナイテッドも決定機を迎えるなど一進一退の攻防が続くと、32分にはブカヨ・サカのPKでアーセナルが追加点。直後にクリスティアーノ・ロナウドの一発で1点を返されたものの、57分のブルーノ・フェルナンデスのPKはポストに直撃して事なきを得ると、70分にグラニト・ジャカが強烈なミドルシュートを突き刺した。

チェルシー対マンチェスター・ユナイテッド
©Adobe Stock/charnsitr

スコアはその後動かず、マンチェスター・ユナイテッドは1-3でアーセナルに大敗した。一方のプレミアリーグ3位のチェルシーは、同じロンドンに本拠を置くウェストハムとのダービーで1-0と勝利。ウェストハムの固い守備をなかなか崩せない時間が続いたチェルシーだったが、86分にクレイグ・ドーソンが決定機阻止で一発退場&PKを獲得する。しかしこのPKをジョルジーニョが失敗し、試合はこのまま終了かと思われた。それでも90分、途中出場のクリスチャン・プリシッチが土壇場で決勝ゴールを奪っている。この結果、トップ4争いには動きがあり、アーセナル(同60)が4位浮上に成功。トッテナムが2ポイント差で5位、1試合消化の多い6位マンチェスター・Uは勝ち点54のままとなった。そんな両チームの過去の対戦成績を見てみると過去75対戦のうち、 マンチェスター・ユナイテッド は、22 勝23負30 引き分けている。ベッティングガイドをご参照ください。

マンチェスター・Uホームで白星をも上げるか?

4月26日付ネットベットを参考にしてみよう。一番人気のベット1×2フルタイムを見るとチェルシー2.20倍、マンチェスター・ユナイテッド3.15倍。チェルシー優勢のようだ。

次に注目したいのは『両チームとも得点あり』はい1.57倍、いいえ2.20倍、基本のベットなだけにオッズは低い設定だが初心者向きのベットだ。得点者はマンチェスター・ユナイテッド、べテランストライカークリスティアーノ・ロナウドに『最初』4.5倍『最後』4.5倍『いつでも』2.4倍のオッズが与えられている。次に4月に入って最好調のチェルシーMFカイ・ハフェルツを見ると『最初』6.0倍『最後』6.0倍『いつでも』2.9倍が与えられている。ロメル・ルカクには『最初』6.0倍『最後』6.0倍『いつでも』3.0倍が与えられている。ブックメーカー同様チェルシーが白星を上げると予想します。

ネットベットレビューに行く。