プレミアムリーグ名門対決マンユナイテッドVSアーセナル

プレミアムリーグ2021-2022シーズン第14節富安選手所属のアーセナルはマンチェスターユナイテッドと対戦。ビッグマッチで富安選手がどんな活躍を見せるか注目をしたい。前節ニューカッスルに勝利し連敗を避けることに成功した5位アーセナルは8位マンチェスターユナイテッドのホーム、オールドトラフォードにてマッチに挑む。富安選手はニューカッスルキーマンであるサンマクシマンを封じ込めた上に、マルティネリのゴールのアシストをした。今回はラッシュフォードや左に流れてくる世界最高峰のクリスティアーノ・ロナウドとのマッチアップが予想されますが、世界屈指のアタッカーにどこまで通用するのか、はらはらしながら注目したいですね。

マンチェスターユナイテッドのホームオールドトラフォード
©Adobe Stock/warasit

対するマンチェスターユナイテッド、今季はMFジェイドン・サンチョをドルトムント(ドイツ)から、DFラファエル・ヴァランをレアル・マドリード(スペイン)から獲得するなど大型補強を進めており、8シーズンぶりとなる優勝に向けて着々と準備を進めている印象です。となると最低でも15ゴールはほしいところでしょう。12年ぶりの復帰となったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは復帰戦となった第4節のニューカッスル戦でいきなり2ゴールを挙げており、出場10試合で4ゴールを挙げています。しかし10月から11月にかけての4敗がきっかけとなり、オーレ・グンナー・スールシャール監督が解任されています。ネットベットレビューをご参考ください。

因縁のオールドトラッフォードマンチェスター対アーセナル

日本ブックメーカーネットベット11月30日付のオッズに注目をしてみよう。ネットベットの本命はマンチェスターユナイテッドのようです。オッズは1.95倍が与えられている。両チームの直近の5試合を見てみるとアーセナルの3勝2分けとなっている。一方のアーセナルは3.45倍のオッズだ。得点者を見てみるとやはり王者クリスティアーノ・ロナウドには2.20倍のオッズ、エディンソン・カバーニに2.5倍、マーカス・ラッシュフォードには2.8倍のオッズだ。上位3位はマンチェスターユナイテッドの選手となっている。4位にアーセナルストライカーピエール=エメリク・オバミヤン2.9倍のオッズが与えられている。大穴では富安選手の29倍だ。

クリスティアーノ・ロナウドの猛攻を交わし、アーセナル2‐1にて白星が上がると予想します。アジアン・ハンディキャップも良いオッズとなっているのでぜひマッチを見ながらたのしんでもらいたい。