マンチェスター・シティFC対トッテナム・ホットスパーFC

トッテナムにとってこの試合はおそらく最も難しい試合の一つとなるであろう、リーグ首位のシティとのアウェイゲームはスパーズにとって最後の難関であり、コンテはリーグ4連敗が予想される。シティは今シーズン、リーグ戦ではわずか2敗だが、そのうちの1敗はヌーノ・エスピリト・サントが率いていたスパーズとの開幕戦で喫したものである。そんなシティだが、気になるのは怪我人の多さだ。スポルティング戦ではここ最近ベストなパフォーマンスを見せている11人だったが、ベンチを見てみると攻撃的な選手はジェイムズ・マカティ、リアム・デラップ、カイキと若手の選手しかおらず、交代でピッチに投入されたのはデラップだけだった。

ベッティング違法
©Adobe Stock/aijiro

この状況が続くことになればシティとしては非常に苦しい。ここまでのジョゼップ・グアルディオラの起用法的に若手を先発させることは少なく、右からリヤド・マフレズ、フィル・フォーデン、ラヒーム・スターリングの誰かが離脱することになれば攻撃的な選手がいなくなってしまう。ネットベットレビューをご参考ください。

気になるのは怪我人の多さ

前線での主な離脱者はガブリエウ・ジェズス、ジャック・グリーリッシュとなっており、ジェズスは代表で、グリーリッシュはトレーニングで負傷している。今季の両チームの出来を見る限りそこまで心配ないとの声もあるが、開幕戦でシティはスパーズのソン・フンミンの一発の前に沈んでいる。ポゼッションとカウンターを武器とするチームの対戦とあって相性が悪く、ここ5戦で2勝3敗と負け越している。