リバプールvs不振トッテナムホットスパー

第18節プレミアリーグ2位リバプール対7位トッテナムホットスパーの注目マッチが北ロンドントッテナムホットスパースタジアムで行なわれる。この2チームはこれまでに58試合をしリバプール29勝14敗15分け、対するトッテナムホットスパーは14勝29敗15分けとなっている。

サッカーベッティング
©Adobe Stock/alphaspirit

トッテナムホットスパーは前節まで開幕以来の3連勝をしている。クラブ内で新型コロナウイルスのクラスターが発生した影響で活動を停止していたトッテナムがトレーニングを再開。中断前はリーグ戦3連勝とアントニオ・コンテ新監督の下で息を吹き返していたが、この空白がどう影響するのか気になるところだ。

一方のリバプールモハメド・サラーは今シーズンのアウェイ開幕5試合でネットを揺らしており、2001-02シーズンのティエリ・アンリに並ぶ記録だ。トップリーグのアウェイ戦で6戦連続弾となればセルヒオ・アグエロぶりの快挙だ(7戦続)。
絶好調のサラーが今節もアウェイトッテナムでゴールをし記録を伸ばすことができるのか。オッズについては下記をご参照ください。

リバプールのゴール続出になるのか

今回はそんなリバプール対トッテナムの一戦をベット36512月15日現在オッズにて予想してみよう。まずは勝敗オッズから紹介しよう。リバプールは1.57倍トッテナムは5.00倍引分け4.33倍となっており勝敗オッズはやはりリバプールが1倍台圧倒的人気となっている。得点者予想するオッズを人気順にみてみると1位はリバプール所属モハメド・サラー1.80倍、2位はトッテナムホットスパー所属ハリー・ケーン2.37倍、3位はリバプールディアゴ・ジョッタ2.50倍。同率でサディオ・マネも選ばれている。ここで注目したいのはリバプール所属南野選手なんと2.75倍のオッズで高い人気のようだ。リバプールが快勝すると予想する。

ベット365レビューに行く。