ノクティエキサイトマッチ2022川崎フロンターレ対名古屋グランパス

ノクティエキサイトマッチ2022川崎フロンターレは本拠地等々力陸上競技場へ名古屋グランパスを迎えての試合だ。名古屋グランパスは昨季のリーグ戦では4位となり、YBC ルヴァンカップではファイナルでセレッソ大阪を下し、悲願の初優勝を達成した。名古屋グランパスがいよいよ復権の時を迎えている。イタリア出身の指揮官、マッシモ・フィッカデンティ監督の下で堅い守りを実現したチームは、昨季までFC東京を率いていた長谷川健太監督を招聘。J1通算218勝を誇る長谷川監督が求めるのは、高い位置からの守備でボールを奪い、素早く相手ゴールに迫るアグレッシブなサッカーだ。堅守はそのままに得点力向上をテーマに掲げ、ストイコビッチ監督に率いられ、初のリーグ優勝を成し遂げた2010年以来となるリーグ優勝を目指している。一方のフロンターレ川崎は2年連続の4度目の優勝を決めたリーグ制覇者だ。

J1リーグ
©Adobe Stock/tigger11th

2017年に鬼木監督が就任。就任1年で川崎をJ1リーグ優勝に導き川崎に初タイトルをもたらした。その後は2018年J1、2019年ルヴァン杯、2020年にリーグ最多連勝記録を1シーズンで2度築きJ1で歴代最速優勝、天皇杯においてもクラブ初優勝し2冠を達成した。ちなみに川崎フロンターレのホームゲームの対戦成績は11勝4敗4分けとなっている。気になるベッティングガイドをご覧ください。

4度目の優勝を狙う川崎、名古屋は12年ぶりの優勝達成になるか?

3月10日付ベット365を参考に勝敗予想をしてみよう。フルタイム結果を見ると日本ブックメーカーの本命は川崎フロンターレ1.85倍、名古屋グランパス4.00倍引分け3.40倍のオッズがついている。アジアンハンディキャップ(ハンデ付きの勝敗予想です。「-0.5」なら1点差以上の勝ちで的中、「+0.5」なら1点差以内の負けでも的中となります。)はー0.50は1.950倍、+0.50倍は1.90倍となっている。次に最終スコアを見てみよう。ぴったり当てれば的中となり、予想するのは非常に難しい分倍率は良いのが特徴だ。川崎1‐0名古屋は6.00倍、1‐1で引分は6.50倍、2‐1は13.0倍となっている。私はこのマッチ2‐1にて川崎フロンターレが勝利すると予想する。