一目瞭然の“死の組Fグループ

3位でも決勝トーナメント進出の可能性があるとは言え、2位以内になって確実にトーナメント行きを決めたいのが、フランス代表。フランスは確実に2位以内に食い込んでくるとの予想が大半です。2位や3位突破だと、決勝トーナメント1回戦でイングランドやベルギーやオランダと対戦することになる可能性が高くなるのでやはり目指すは首位突破でしょう。ではポルトガル代表に注目してみましょう。2位以内であれば無条件でグループ突破ですが、ポルトガル代表にとっては3位突破も考えなければいけないグループということで、仮に3位となった場合でも決勝トーナメントへ進む為に「勝ち点4」はほしいところです。

サッカーイメージ
©Adobe Stock/Vitaliy Melnik

ユーロ2020のFグループ

しかしながら、ポルトガル代表のグループFは2位突破でも決勝トーナメント1回戦でグループD1位(イングランドの可能性が高い)との対戦となるので、2位、3位突破だといきなり厳しい相手との闘いとなる可能性が大。前回王者なので、今回ユーロ2020でも目標は優勝となってくるわけですが、連覇は困難と言えそうです。まずはベッティングガイドをご覧ください。

ポルトガル対フランスのオッズ

「ユーロ2020/2021でポルトガル対フランス、どっちが勝つんだろう?」そう思っているあなたに、今回はポルトガル対フランスの試合予想とオッズを徹底的に紹介しましょう。スポーツベットアイオーの6月21日現在の予想はフルタイムでポルトガル勝利3.75倍に対してスランス勝利2.2倍、また引き分けは2.8倍になっています。前半にポルトガル代表が得点するは4.2倍、フランス代表が得点するは2.8倍また両代表共に得点しないは1.83倍です。最初に得点をする国はどちらかを見てみると、ポルトガル代表2.5倍フランス代表は1.77倍、得点なしは6.5倍になっています。この数値から見てもわかるように得点0-0で引き分けになる可能性は少ないでしょう。個人的にはお互い引き分けでもいいとは思いますが、フランス代表勝利の可能性が高そうですね。ちなみに両国代表共に得点する場合は1.83倍、得点しないは1.8倍になっています。ウィリアムヒルレビューに行く。