レッドブル·ホンダ本拠地で5連勝になるか?

まずは今回のレッドブル·リンク(旧A1リンク)について紹介しよう。レッドブルが所有するレッドブル·リンク(旧A1リンク)を会場に行われるオーストリアGP。緑あふれる丘の中に建設されたエステルライヒリンクが、ヘルマン·ティルケの改修により1997年にA1リンクと名を変え、その後さらなる改修を経てレッドブル·リンクとなった。コース全長4318kmレコードタイムは1:02.939バルテリ·ボタス(メルセデス)2020の記録だ。日本のブックメーカーをご覧下さい。

formula 1 grand prix
©Adobe Stock

レッドブル·ホンダ

先週末にレッドブルリンクで行われた第8戦シュタイアーマルクGPではレッドブル・ホンダのフェルスタッペンがポール・トゥ・ウィンを達成し、このレースを2位で終えたF1タイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)との差を18ポイントに開くことに成功した。今シーズン序盤はややメルセデス有利の展開となっていたが、ここへ来てフェルスタッペンが駆るレッドブル・ホンダF1マシンのパフォーマンスが明らかにメルセデスをしのいでいるのは間違いない。これは、メルセデスは全く新しい技術レギュレーションが導入される2022年シーズンに向けた新車開発に全力を注いでいるが、レッドブルは2021年型マシンの改善を優先しているためだと考えられている。下記ウィリアムヒルのべッティングガイドをご覧下さい。

レッドブル·ホンダかメルセデスが勝利を奪回するか?

レッドブル·ホンダ本拠地で5連勝になるのか、メルセデス所属ルイス·ハミルトンが優勝し、ドライバーポイントの得点差を縮めらるのかシーズン中盤にして気になるところですね。ウィリアムヒルオッズ(6月30日)を参考に予想してみましょう。

最有力候補レッドブル·ホンダ所属マックス·フェルスタッペン1.67倍、メルセデス所属ルイス·ハミルトン3倍となっています。メルセデス代表トト·ウォルフが今シーズンの改良はもう終了していると語っているだけにハミルトン勝利は難しいかもしれません。またレコードタイム保持者メルセデス所属バルテリ·ボタスのオッズは13倍、レッドブル·ホンダ所属セルジオ·ペレズのオッズも13倍となっているのでどちらが表彰台に上がるかがこのレースの見どころとなりそうだ。