サッカーワールドカップ最終予選日本代表

FIFAワールドカップアジア最終予選グループ第7節がいよいよ開催される。日本代表の主将を務めてきた吉田麻也が太ももの負傷によってメンバー外に。さらに追い打ちをかけるように、召集されていた富安健洋が負傷離脱。これまでの最終予選6試合のうち5試合をこの2人のCBコンビで戦っているということからも、吉田と富安の不在の影響が非常に大きいことがわかる。今回メンバー入りしているCBは谷口彰悟、植田直通、板倉滉と富安離脱によって追加召集された中谷進之介。攻撃陣でも古橋亨梧と三笘薫とも怪我のため招集見送り。二人とも欧州で好調ぶりを見せ、代表でも貴重な戦力だっただけに不安が募る。このマッチ日本代表が最大の窮地をどのように乗り切るかが焦点になるだろう。一方の中国代表は日本代表と過去27回対戦し、9勝8分10敗で39得点し37失点です。日本戦は累積警告の為FWアロイージオ。ゴンサウヴェスが出場停止。攻撃の軸の一人を失うのは痛手だ。一方ウーレイは最終予選6試合で4得点と絶好調。日本戦のキープレイヤーになるのは間違いない。オッズについては下記をご参考ください。

サムライブルー
©Adobe Stock/buritora

ピンチの日本チームどう切り抜けるか?

オッズはブックメーカー日本ベット3651月26日付けでスリーウェイを見てみると日本勝利に1.25倍、中国勝利に12.0倍、両チーム引き分け6.00倍が与えられている。日本チームの実力が上との見方が強いため中国に対して高いオッズがついている。中国に賭けるならオッズは楽しめると思いますが、選手のコンディションや試合会場の環境によって勝敗が大きく左右されるのもまた事実なので引き分けもありえるだろう。日本の1.25倍に魅力を感じられません。そこでトータルのオッズを見てみると2.5オーバー1.85倍、アンダーが1.95倍と3点ぐらいはいる予想のオッズになっていて、スリーウェイよりこちらの方に面白みを感じます。日本を応援しなくても大丈夫というベッターにとっては、次戦の中国対日本は引き分けや中国のオッズに価値を見出せるかもしれません。

私のようにそのように割り切って賭けることができない方たちはトータルで賭けるのがお勧めです。試合の勝ち負けには関係なく賭けが成立するので、また番狂わせが起こっても、賭けで勝てる可能性がありますさて、あなたはどれに賭けて試合をみますか?試合が見れるのであれば是非賭けて試合を見てほしいです。そしてあの興奮を体感してほしいです。もう慣れている方たちは試合もみないという方たちもいるでしょう。そういう方たちは日本以外のスリーウェイに妙味を感じられるオッズになっているので、ある意味チャンスかもしれません。個人的には最終的に日本はワールドカップには出場できるとおもっているので、ここで連敗はないのではないかと思っています。のうち5試合をこの2人のCBコンビで戦っているということからも、吉田冨安不在の影響が

ベッティングガイドに行く。