2022年F1第3戦オーストラリアグランプリ

2022年4月8日、F1第3戦オーストラリアGPがメルボルンのアルバート・パーク・サーキットで開幕する。2020年は新型コロナウイルスの影響で開幕当日の朝にレース中止が決定、2021年もキャンセルとなったため、2019年以来、オーストラリアGPは3年ぶりの開催となる。「フェラーリとレッドブルの2強」の様相が見えてきた2022年序盤のF1グランプリ。このコースはメルボルンの公園(アルバート・パーク)内の人工湖を周回する一般道と駐車場を利用して、F1グランプリのために特別に作られる半公道サーキット。

f1 サーキット
©Adobe Stock/David

これまでのコース路面は一部バンピーで、普段の通行量も少ないためダーティだったが、今回はアスファルトを舗装し直されたため状況が変わっている可能性もある。また公園の木々による影があったり、秋に向かう中で落ち葉もあるなど滑りやすいのもこのコースの特徴となっている。このサーキットでどのチームが有利か予測するのは難しいが、2019年のオーストラリアGPでは、メルセデスのバルテリ・ボッタスが予選2番手から首位に立つと好タイムを連発、ライバルたちを寄せ付けず、ファステストラップを記録しながら圧巻の独走優勝を飾った。ポールポジションからスタートしたチームメイトのルイス・ハミルトンが2位。3位にレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが入った。フェラーリとレッドブルの2強に、メルセデスがどこまで迫れるのか。フェラーリとレッドブルのバトルはどうなるか。この2点に注目をして下記のオッズを見てみよう。

フェラーリとレッドブル激戦の結果は?

4月8日付ピナクルのオッズに注目をしよう。日本ブックメーカーフェイバリットはマックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレール2.28倍のオッズが与えられている。開幕2回戦レッドブルフェラーリのトップ争いの構図が見えてきているので納得の行くオッズだ。ちなみに金曜日に行われたフリー走行一回目ではルクレールは2番手となっている。次は開幕戦2位、第2戦3位と、好調な滑り出しを見せたフェラーリのカルロス・サインツ5.210倍。金曜日に行われたオーストラリアGPのフリー走行1回目では、トップタイムをマークした。レッドブル所属セルジオ・ペレス22.43倍フリー走行一回目ではでは3番手をマークした。フリー走行一回目で7位をマークしたルイス・ハミルトン37.25倍が与えられている。フリー走行一回目で好調な走りで11位となった角田選手は598.20倍がつき大穴となっている。フェラーリ、レッドブル独走態勢はまだまだ続きそうだ。