ヨーロッパリーグ決勝レンジャーズVSフランクフルト

ヨーロッパリーグ注目の決勝は、現地5月18日にセビージャのラモス・サンチェス=ピスファンで開催される。決勝戦はレンジャーズ(スコットランド)対フランクフルト(ドイツ)だ。オッズを見る前に2チームの前試合を見てみよう。

ヨーロッパリーグ
©Adobe Stock/charnsitr

5月5日、ヨーロッパリーグの(EL)準決勝第2レグの2試合が開催され、決勝カードが決定した。鎌田大地と長谷部誠が所属するフランクフルトは、ホームでウェストハムと対戦。フランクフルトがスタメン出場を果たした。敵地での第1レグを2-1で制したフランクフルトは、決定機を阻止した敵DFクレスウェルが19分に一発退場し、数的に有利となる。さらに、その7分後にボレが先制点を奪い、リードを2点に広げる。後半もこのリードを維持したドイツの雄が、この試合は1-0、アグリゲートスコア3-1で勝利。ELでは初めて、前身のUEFAカップ時代を含めると42年ぶりの決勝進出を果たした。
一方のアウェイはの第1レグはRBライプツィヒ(ドイツ)に0-1で敗れたレンジャーズは、19分にタバーニア、24分にカマラが決めて、前半のうちに逆転する。70分にアンヘリ―ニョのクロスからヌクンクのヘッドで被弾し追いつかれるも、81分にゴール前の混戦から、MFランドスタムが強烈な左足のシュートを叩き込み、再び勝ち越しに成功する。このまま2試合合計3―2で勝利した現スコットランド王者が、こちらもELでは初、UEFA杯時代を含めると14年ぶりの決勝に駒を進めた。

鎌田&長谷部所属のフランクフルト初優勝になるか?

みんなが注目するこのマッチを5月15日発表ブックメーカー日本ベット365のオッズから見てみよう。『フルタイムはフランクフルト』2.25倍、レンジャーズ3.10倍、引き分け3.40倍、次に勝率の高い『ダブルチャンス』を見てください。1×フランクフルト1.36倍、2×レンジャーズ1.57倍、12 1.3倍『両チームとも得点する』はい1.70倍、いいえ2.05となっている。『アーリーゴール』29分以前ゴールあり-1.83倍、29分以前ノーゴール-1.83倍。オッズは低いがその分勝率はかなり高くなっている。ずばりフランクフルトが初優勝をすると予想します!