因縁の対決イングランド対ドイツ

EURO(ユーロ)2020のグループリーグでは、やや苦しみながらも2勝1分け(2得点無失点)で首位通過を決めたイングランド。聖地ウェンブリー・スタジアムでの決勝トーナメント1回戦へ無事進んだが、いきなりドイツと対戦することとなった。強豪との一戦に注目の集まる中、イングランドではガレス・サウスゲイト監督の選手選考も大きな話題になっている。イングランド対ドイツと聞いて思い出すのは1996年ユーロカップ準決勝。

ベット365
©Bet365

サッカーの聖地ウェンブリー開催地元イングランド優勢だと思われていた試合だったがチームはPK先の末にドイツに敗れて4強止まりだった。ちなみにその試合で最後のPKを外したのが、ミッドフィルダーサウスゲート現在のイングランド監督だ。今回のドイツ代表メンバーの陣の中で注目を集めるのは約2年半ぶりの代表復帰となったマッツ·フンメルスだろう。対人、空中戦の強さは今でも圧倒的。さらにはディフェンス勢リーダーとして守備陣を支える働きが期待される。日本のブックメーカーをご覧下さい。

念願がかないイングランド勝つのか、それともこのままドイツが勝ち続けるのか?

どっちが勝つのかと注目をしている人も多いだろう。ここでベット365(6月26日)のオッズを分析してみよう。フルタイムでイングランド勝利2.5倍に対してドイツ勝利2.9倍また引き分けは3.2倍になっています。試合が延長戦になるは6倍、延長しないは1.125倍なので数値から判断し延長なしでイングランドが勝つ可能性が高いでしょう。またPKまでいくかどうかはPKまで延長するは6倍PKなしは1.125倍です。イングランドストライカーハリーケーンが最初に得点するは5倍、最後に得点するは5倍、いつでも良いので得点するは2.4倍なのでわりと良いオッズだと思われます。ベット365レビューをご覧下さい。

次にラヒーム·スターリングのオッズに注目してみよう。最初に得点するは8.5倍、最後に得点する8.5倍で、いつでも良いので得点するは3.75倍だ。ここまでイングランド代表で2ゴールを記録。3試合でチームで得点を決めたのは彼のみであり、絶不調のハリー·ケーンに代わってゴールを決めて首位通過を果たした。ここでもゴールをスコアーできるかは疑問だが多くの人が注目している選手であるのは確実だ。