クライマックスシリーズの全貌を明かす

今回はプロ野球クライマックスシリーズの特集です。まずはクライマックスシリーズの全貌を簡単に説明しよう。クライマックス通称CSシリーズは2007年より導入されたシステムです。ペナントレース終了後の10月に開催されるトーナメント方式の試合です。日本シリーズへの出場権をかけ、セ・リーグ、パ・リーグのシーズン上位3球団が対戦します。シーズン順位2位、3位のチームの対戦をファーストステージ、ファーストステージ勝者とシーズン優勝チームの対戦をファイナルステージと呼びます。シーズン2位チームとシーズン3位チームの対戦するファーストステージにおいては先に2勝したチームが勝ちぬけとなります。

日本観客
©Adobe Stock/rob z

ファーストステージの勝者とシーズン優勝チームが対戦するファイナルステージにおいては、先に4勝したチームが勝ち抜けとなり、クライマックスシリーズ優勝、日本シリーズへの切符を手にすることとなります。ファーストステージは3戦2勝制で実施され、試合はすべて2位チームのホーム球場で行われ、引き分けは実質勝利に等しい取り扱いとなります。ファイナルステージは6戦4勝制で実施され、シーズン1位チームには最初から1勝分のアドバンテージが与えられています。6戦の間に1位チームは3勝すれば勝ち抜けですが、ファーストステージから勝ち抜いたチームは4勝する必要があります。6試合はすべてシーズン1位チームのホーム球場で実施され、引き分けを含み対戦成績が5分となった場合はシーズン1位チームが勝ち抜けとなります。このような形式で行われる為、リーグ優勝を逃しても日本一の可能性があるだけにまさに下剋上とも言えるの白熱した短期決戦になることだろう。過去に下剋上を果たしたのは2010年リーグ3位からの日本一になったロッテだけとなっている。野球ベッティングについてはここをご覧ください。

クライマックスシリーズファイナル予想

11月9日付ベット365のオッズを参考に大予想をしてみよう。オッズを見てみると日本ブックメーカーオススメはヤクルトスワローズ2.65倍セ·リーグ優勝チームなだけに一押しになっている。CSリーグ制覇をかけて挑んでくるだろう。次はオリックスバファローズ2.87倍のオッズだ。前半戦を首位で折り返すなど強さをみせ、見事に 1996年以来25年ぶりのリーグ優勝を果たしました。この調子でCSリーグ優勝をするのではないかと予想する。ロッテマリーンズは、4.5倍のオッズだ。ロッテマリーンズは、ファイナル・ステージの試合で7連敗中しているので、今回黒星を阻止できるかが見どころだ。読売ジャイアンツは6倍のオッズがついている。読売が2位あるいは3位のシーズンにファイナル・ステージへ進むのは、2010年(3位)、2015年(2位)、2018年(3位)に続き、今年が4度目。過去3度とも、その先の日本シリーズにはたどり着いていない。ファンであってもなくても楽しめるCSリーグ皆さんもぜひ楽しんでみてください。