CLセカンドレグレアル・マドリードVSチェルシー

昨季のCL準決勝の対戦ではチェルシーがマドリードを下して、そのまま優勝を達成。もっと遡ればチェルシーは1971年のカップ・ウィナーズ・カップから、マドリードと合計5回対戦して一度も負けたことがない。

UEFAチャンピオンズリーグ
©Adobe Stock/athitat

マドリードは欧州の盟主として、そろそろこの異常な呪いを解きたいところである。レアル・マドリードの敵地で行われたファーストレグでは、カリム・ベンゼマのハットトリックで3‐1の勝利を収めた。ホームで行われるセカンドレグでは2点のリードを活かし、ベスト4に駒を進めたい。対するチェルシーは勝ち抜けのためには2点以上が必要な状況。序盤から積極的な試合を展開できるか注目をしたいところだ。チェルシーの注目選手に挙げるのは古巣戦となるコバチッチ。昨季は筋肉のケガで2試合とも欠場しており、マドリーと対戦するのは今回が初めてとなる。人一倍気合の入る一戦だが、クロアチア代表MFの守備力、そしてオン・ザ・ボールの推進力は、中盤の主導権争いを勝敗を握る鍵になるはずだ。対面が予想される同胞のモドリッチとの攻防にも注目だ。ベッティングガイドをご参考下さい。

レアル・マドリードチェルシーを破ることはできるのか?

4月11日付スポーツベットアイオーvのオッズを見てみよう。マッチリゾルト(レギュラータイム)を見てみるとレアル・マドリード2.375倍、チェルシー2.95倍となり多くのプレイヤーはレアルが勝利するとみているようだ。ゴールスコアラーは大舞台でハットトリックを達成させ、敵地でチームを勝利に導いた、カリム・ベンゼマがいつでもゴールする1.91倍、次にはチームメイトマリアーノ・ディアス2.75倍、ルカ・ヨヴィッチ2.875倍が与えられている。ファーストレグでマドリードに対してスコアしたチェルシー所属カイ・ハバーツ3.10倍が与えらている。

レアルマドリードがクリーンシートで勝つには3.00倍、いいえには1.34倍がついている。オッズから判断しレアル・マドリーが遂にチェルシーに対して念願の勝利となると予想する。
スポーツベットアイオーレビューに行く。