カラバオカップ準決勝 アーセナルVSリバプール

カラバオカップと聞いてあまりピンとこないプレイヤーも多いと思うのでカラバオカップについて簡単に説明をしよう。カラバオカップとはEFLカップというイングランドのもう一つのカップ戦で、プレミアリーグとイングリッシュ・フットボールに所属する92のクラブが出場する大会。優勝賞金は約1492万円と低いため出場する各クラブの本気度で言えばFAカップの方が断然上と言われています。
1月13日に行われるアーセナルVSリバプール戦の会場はリバプールホームアンフィールドです。

サッカーベッティング
©Adobe Stock/alphaspirit

アーセナルといえば、元日に行われたマンチェスター・シティ戦を観ましたが、数的不利になり敗戦はしたものの、とても良いフットボールをしていた印象があります。特に、若手の成長が見て取れて、こういうカップ戦では手強い相手となりそうです。ただ、リバプールにはまだ4冠の可能性が残っており、獲れるタイトルは全部狙いに行きたいところ。いつも言うようですが、一試合、一試合に集中して、大切に戦って行きたいですね。

厳しい時期ではありますが、チームの総力を結集して、勝ち上がりを祈っています。ファンにとっての見どころはアーセナルとリバプールの激突は、DF富安選手とMF南野選手による日本人対決が期待されるカードでもある。負傷により直近2試合のリーグ戦を欠場していた南野にとっては、延期によってアーセナルとの2試合両方に出場できる可能性が高まったとも考えられる。まずは下記の日本ブックメーカーオッズを見てみましょう。

南野対富安のマッチアップは起こるのか?

リバプールサラーが離脱している今、右には本来右サイドバックのネコ・ウィリアムズが入ると予想する。注目の南野は左ウィングの予想。リーグ戦2試合連続でベンチ外となっている南野だが、アーセナル戦での復帰を予想している海外メディアもある。マネが不在の中、絶好のアピールチャンスとなるだろう。そして南野が左ウィングに入るとなれば、当然マッチアップするのが冨安だ。富安は前回試合欠場をし、万全の体調でリバプール戦に挑んでくるだろう。気になるオッズを見てみるとリバプール2.00倍対するアーセナルは3.40倍引分け3.50倍と予想されやはりリバプール白星の可能性が高いと思われる。得点者を予想するオッズを順位順に見てみるとリバプールディアゴ・ジョタが2.10倍、2位はアーセナルラカゼット2.70倍。彼も前回の試合欠場しているため今回の試合では本気で向かってくるだろう。3位はリバプールオリギ2.75倍だ。このオッズから見てリバプールホームで快勝すると思われる。

オッズは1月11日付ダファベットを参考にしています。

ダファベットレビューに行く。