2021プロ野球セ·パリーグ栄冠に輝くのはどのチームか?

レギュラーシーズンもいよいよ佳境のプロ野球。セ・リーグはヤクルトと阪神が首位を争う。今月に入って負けない戦いを続けてきたのがヤクルトと阪神。ヤクルトは1ゲームのリードで迎えた8日の直接対決第1ラウンドも4-1で完勝。阪神とのゲーム差を「3」に広げ、マジック「11」を点灯させた。一方のパ・リーグは、ロッテとオリックスの競り合い。9月絶好調だったロッテが何度となくマジック点灯に挑戦するも、これがことごとく失敗。逆に今月1日には、オリックスが首位奪還に成功した。現在は2位・ロッテに2ゲーム差をつけ、1996年以来で25年ぶりというリーグ優勝が現実味を帯びてきている。一方、首位に立つヤクルトとオリックスはというと…?開幕前の順位予想では、ともに低評価を受けていた。このままヤクルトとオリックスがリーグ優勝を果たせば、両リーグで前年度最下位チームが下剋上を完遂することになる。こうなれば史上初の出来事になる。前年度最下位からのリーグ優勝は非常に少なくプロ野球史上5例しかない。

オールスターゲーム 野球
©Adobe Stock/33ft

今季、ポストシーズン進出を勝ち取り、日本一の栄冠に輝くのはどのチームだろうか。下記のオッズを参考に勝者を予想してみよう。

セ・パリーグの勝者はどのチームに?

10月15日のベット365のオッズを参考に優勝チームを予想してみよう。日本ブックメーカーの一押しはヤクルトスワローズ3.5倍のオッズが与えられている。オリックスは2番手4倍のオッズ、3番人気は阪神タイガースの5倍のオッズが与えられている。ロッテマリーンズは6倍のオッズで4番手入りをしている。巨人は8倍のオッズが与えられ5番手に選ばれているが、先月末に5連敗をし現在4連敗中なので私は優勝争いから完全に脱落したとみる。楽天イーグルスは8倍のオッズが与えられ、ソフトバンクホークスは101倍のオッズが与えられている。

ヤクルトが逃げ切りで優勝するようにみえるが、阪神がこっそり近づいてきて優勝する可能性も高い。どのチームが優勝するのか予想するのは非常に難しい状況だが、ヤクルトが逃げ切り優勝をすると予想する。

ベッティングガイドに行く。