ロンドンダービー予想

今回はファン待望のロンドンダービー。トッテナム対チェルシーの予想をしよう。今季チェルシーはマンUと同ポイントで首位を快走中。ランパードからトゥヘルへの監督交代が功を奏し、11/12シーズン以来のチャンピオンリーグ制覇。今夏の最重要課題だったCFに大物ルカクが復帰したことで、リーグ戦とチャンピオンリーグの連続優勝もみえてきた。

ッテナム·ホットスパー対チェルシーロンドン
©Adobe Stock/fifg

ルカクは昨シーズンはインテルスクデット獲得に貢献し彼自身もリーグの最優秀選手にも選ばれた。彼がこれまで通りの活躍を見せてくれればプレミアリーグ制覇も可能だと思われる。対抗するトッテナムは故障選手の影響も受け7位迷走中だ。右サイドバックのタンガンガはクリスタルパレス戦でレッドカードをもらった為に出場停止となっています。トッテナムはカウンターとセットプレーでしか攻撃出来ないようなチームであるにもかかわらず、韓国出身エースソン・フンミンが負傷離脱中で、チェルシー戦に出場できるか分からない状態だ。勢いに乗ったチェルシーにこの状態で戦うことになるのでトッテナムにとっては厳しい試合になりそうだ。

ロンドンダービー試合オッズ

日本ブックメーカーベット365(9月16日現在)のオッズを参考に勝者予想をしてみよう。トッテナムが勝利するには4.5倍のオッズ、チェルシーが勝利するには1.75倍のオッズとなっている。データを見てみると今季のトッテナムのホーム戦での勝率はなんと100%だ。平均得点数は3得点。対しブックメーカー本命チェルシーのアウェイ戦勝率は50%だ。平均得点数は2得点。

ルカクを主に万全な状態で試合に挑むチェルシー。トッテナムの勝率100%を止める事ができそうだ。得点数を見ると、2.5得点以上はオッズ2倍、2.5得点以下はオッズ1.8倍だ。私は2点以上でチェルシーの勝ちを予想する。

ベット365レビューに行く。