日本でのベッティングは違法?

ブックメーカーとは、サッカーや野球、テニスなどのスポーツをはじめとし
イベントやカードゲーム、次の選挙で勝つのは誰?など様々な賭け(ギャンブル)を政府の許可を得た合法の下、主宰している会社のことを指します。

「ブックメーカーをやってみたい」「スポーツベットで投資したい」と興味はあっても、日本で海外ブックメーカーのウェブサイトを利用し賭けを楽しむ事は、違法になるのか?という部分に不安を感じて登録を躊躇している人も多いはずでしょう。

ここでは、誰もが気になるこのテーマについて初心者にも分かり易く解説していきたいと思います。不安を感じるのは当然のことだと思いますので、皆さんのご参考になれば幸いです。上記質問の回答を結論から先に言うと、明確に定義する法律がないため白黒つかずグレーゾーンです。

ベッティング違法
©Adobe Stock/aijiro

海外政府認定合法ブックメーカーに日本人が参加し賭けを楽しむ事が違法性に問われることは限りなく0に近いでしょう。言い換えると、日本人でも18歳以上(海外では成人とみなされる年齢)であれば海外ブックメーカーで賭けを楽しんでも警察の取り締まり対象になることはないでしょう。
実際に国内で数万人が安全に海外政府公認合法ブックメーカーでの掛けを楽しんでいますが、過去一度として逮捕されていません。

ご存知の方もいると思いますが、ブックメーカーと最も関連する法律は「賭博罪」ですよね。以下刑法をご参考ください。

刑法185条
賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭かけたにとどまるときは、この限りでない。

刑法186条
常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

アカウント登録

日本でこの違法賭博成立するのは、賭博を提供する人。賭博に参加する人。が日本国内で揃った場合だけです。ですので海外拠点の政府公認合法ブックメーカーは海外企業のサービス上記の法律の影響を受けることがありません。

現行の日本の法律では、海外で合法運営されているオンラインギャンブルに、日本人が日本国内からオンラインで賭けに参加することを禁じる法律が存在しません。

「グレイゾーンでは確信がないなー。」とまだ不安を抱えている方もいると思います。さらに説明すると、実際海外で合法運営されているブックメーカーはオンライン賭博を禁止している国ではサービスは提供しておらず、例えば英国老舗ウィリアムヒルでは賭博禁止国からのアクセスは禁止、アカウント登録すらできないよう制限をかけています。

ブックメーカーもその国の法律を無視して勝手に運営している訳ではなく、その国の法律を遵守した上でサービスを提供していますので、運営元が法的リスクを追うことは基本ありません。

以上のことからまとめると私たち日本人が海外拠点のブックメーカーに参加しても問題ないという結論に至ります。

最後に皆さんに最も理解していただきたいのは、「絶対に違法に運営しているブックメーカーに参加しないで下さい。」という点です。稀に日本国内でブックメーカーを運営しようとする人がいますが、これは違法であり、明らかな犯罪行為です。また、海外にもライセンスを取得していない、信頼度の低いライセンスで運営しているブックメーカーが存在するのも事実です。信頼できる日本のブックメーカーに登録してプレイするようにしてください。

ベッティングガイドに行く