キャッシュアウトとは?

キャッシュアウトとは、スポーツの試合中に自分の好きなタイミングで、任意で賭けを終わらせることにより、利益を確定させたり、損失を抑えることができる機能です。スポーツベッティングにおいて、基本的なルールとして賭けが的中すると、賭けた時点のオッズで払戻しされるという点、試合前だけではなく、試合中にも賭けることができるという点が挙げられます。そして一般的には、一度賭けを行えば試合が終わって結果が確定するまで、その賭けをキャンセルすることはできません。しかし、キャッシュアウトを利用すれば、賭けが確定する前にキャンセルすることができます。確実に利益を取りにいったり、損失を最小限に抑えるために利用され、多くのブックメーカーで提供されています。例えば、試合開始後の試合状況によってオッズが変化し、賭けの条件が不利となる場合に利用されます。残念ながらすべてのスポーツでキャッシュアウトを利用することは出来ないのですが、サッカーや野球などの人気のある主なスポーツでは基本的に利用することができ、試合の状況を見ながら判断できるため、初心者の方にも人気の機能の一つです。

キャッシュアウトのメリット・デメリット

キャッシュアウトは一般的に、賭けた試合が自分にとって悪い状況になった時に利用され、キャッシュアウトを利用する事である程度の金額は自分の手元に戻ってきます。大きな金額を賭けた時には、キャッシュアウトを効率よく利用しないと負けた時の損失が大きくなってしまい、これによるキャッシュアウトの利用を「損切り」と言います。キャッシュアウトのもうひとつのメリットは結果が出る前に利益を確定させるという点です。例えば、あなたがオッズ的にも圧倒的有利なチームの対戦相手に賭け、見事にそのチームが先制点を取りました。このまま試合が終わり、あなたが賭けたチームが勝てばかなりの利益が出ます。ただ、実際にその後の試合展開がどう変化するのか分かりません。キャッシュアウトを行うと試合がそのまま進むよりも少ない金額ですが、確実に利益が確定します。

デメリットとしては、基本的に試合の途中で賭けを終了するので、オッズが低い状態で賭けが成立し、利益が少なくなってしまいます。さらに損失を最小限に抑えられるものの、試合の最後に逆転勝利で利益が出たかもしれません。賭けが期待通りの展開に進むと、「利益確定」のチャンスが生じます。また、賭けが不的中となる可能性が高まるほどにキャッシュアウトで得られる金額は減っていきます。つまり、自分が賭けた際のオッズとその後の試合展開により変化していくオッズとの差から、キャッシュアウトを利用しての「利益確定」と「損切り」によって、メリット・デメリットが生じるのです。

キャッシュアウトの種類

全額キャッシュアウトとは、賭け金を全てキャンセルし、現在のオッズで払い戻しを受ける方法です。一般的にキャッシュアウトとは、この全額キャッシュアウトのことを指します。この全額キャッシュアウトは、損切りにも、良いオッズの時にも利用できます。タイミングを見計らって行うと、損失を抑えられたり、また思わぬ利益が出ることもあり、初心者向けのキャッシュアウト方法です。

部分キャッシュアウト(パーシャルキャッシュアウト)とは、Partial、つまり「部分的」という意味で、キャッシュアウト可能な金額のうち、一部だけを回収できるキャッシュアウトのことを指します。キャッシュアウト機能があるブックメーカーでは、たいてい金額を調整するバーのようなものが付いています。このバーを操作して、その時点でキャッシュアウト可能な金額のうちの何%を先に回収するか指定することができます。引き上げた金額はアカウントに戻り、残りは賭けたままの状態で進みます。勝敗結果やオッズの上下が頻繁に起こる際などに、おすすめなキャッシュアウト方法です。

オートキャッシュアウトとは、指定した金額に達したら自動的に払い戻しするという機能です。賭けたあと、「いくらに達したらキャッシュアウトを行う」という指定を行い、実際にその金額に達したら自動的に払戻しされます。常に試合状況を確認して、キャッシュアウトのタイミングを見計らう必要がなく、事前に損切りのラインを決めておけるという点で資金コントロールには便利な機能です。