ベット365

bet365 nihon review

bet365はイギリスのストーク・オン・トレントに本社を構えるオンライン専業・業界最大のブックメーカーです。1974年にProvincial Racingという賭けの店舗から始まり、その後2001年にbet365のサイトが設立されました。2005年には全店舗を同業他社のCoralに売却してオンライン専業となり、現在では世界200ヶ国から2000万人以上ものユーザーが利用する大企業へと成長しました。過去にはイングランドのプレミアリーグのストークシティFCのユニフォームスポンサーを務めたこともあり、ヨーロッパでは、高い知名度を誇る抜群の信頼性と透明性を兼ね備えた企業として、またスポーツベッティング業界で最も利用者の多いオンラインブックメーカーとして知られ、日本人ユーザーの間でも圧倒的な人気を誇っています。

ベッティングの種類

bet365は、野球、テニス、ゴルフ、サッカー、アイスホッケー、ダーツ、バスケットボール、競馬、大リーグ、NBAなどの定番で人気のあるスポーツだけではなく、クリケットのような日本人には珍しいスポーツにも賭けることができ、多彩なスポーツ、豊富なオッズが特徴のブックメーカーです。スポーツ以外でもアカデミー賞や政治、大統領選などにも賭けることができます。例えばサッカーならば、プレミアリーグからJリーグまで、様々な試合を網羅しています。さらには、ロシアの女子リーグなどマイナーな試合も賭けの対象です。サッカーは人気があるので、数多くの試合を取り扱っています。また、eスポーツも賭けの対象として取り扱っており、リーグ・オブ・レジェンドやPUBGなどのeスポーツに賭けることができます。日本のスポーツに関しては、Jリーグ、ルヴァンカップ、天皇杯、JFL、なでしこ、プロ野球、バスケBリーグ、卓球Tリーグ、バレーVリーグなどさまざまスポーツの大会・イベントに賭けることができます。ウィリアムヒルに比べるとマニアックな切り口の賭けは劣りますが、一方でハンディキャップとオーバーアンダーのライン(選択肢)は豊富で、予想にあわせた際どいラインで賭けることが可能です。また、賭け項目の数は、数あるブックメーカーの中でも非常に多く、細かい項目に賭けることができるため、単純に勝敗だけを賭けたい初心者から、データを分析してマニアックな項目で稼ぐ上級者まで、あらゆる層に対応しています。

ウェブサイトの使いやすさ(多言語への対応)

bet365は約20の言語に対応している人気・知名度ともに業界トップの大手ブックメーカーで、日本人ユーザーにも非常に人気のあるブックメーカーの一つですが、今現在のところ、残念ながら日本語には対応していません。しかし、他のブックメーカーを利用したことがある方や英語に堪能な方であるならば、bet365にしかないメリットがあるので、利用する価値は大いにあります。

bet365 nihon shukkin

入金・出金

入出金手段としては、ecoPayz(エコペイズ)、Astropay(アストロペイ)、クレジットカードなどがあり、エコペイズとアストロペイの最低入金額は1000円、クレジットカードの場合は700円に設定されています。出金はエコペイズからで、最低出金額は1000円となっており、入出金とともにエコペイズを利用するのがおススメです。ただし、エコペイズを利用して入金する場合に、bet365のアカウントを日本円にする必要があります。そのため、現在ドルやユーロで通貨設定している方は、エコペイズで入金することはできません。通貨の変更はできませんので、その場合は現在のアカウントを閉鎖して新規アカウントを開設する必要があります。

モバイルアプリ

bet365は公式のモバイルアプリを提供しており、数あるブックメーカーのアプリの中でも非常に使いやすいものとなっています。メインメニューを見てみると、スポーツベッティングのオッズ詳細と様々なスポーツのリーグがひと目でわかる便利なメニュー構成となっています。また、bet365にはオートキャッシュアウト機能があります。プレイヤーが予想し、賭けた条件と違う展開になると、自動でキャッシュアウトがされる便利な機能で、この機能はモバイルアプリにも搭載されており、スマホからでも快適にスポーツベッティングを楽しむことができます。iPhone、アンドロイドの両方に対応しており、一度ダウンロードすれば、ブラウザからアクセスする手間が省けるので便利です。

サポート体制

サポートは24時間365日対応しており、ライブチャット、Eメール、電話、封書の4つの問い合わせ方法が用意されていますが、すべて英語で行う必要があります。また、登録から入出金、ベットまですべて英語表記となっているので、日本語対応のブックメーカーと比べると、英語が苦手な方には利用しづらい点があります。

bet365 nihon rating

評価

bet365は、長所としてサイトの圧倒的な使いやすさ、高品質で無料のライブストリーミング配信、キャッシュアウトの機能が充実しているという点があり、また短所として日本語のサポートがないという点が特徴です。ベッティングの機能が充実しており、賭けたい試合の情報をひと目で得ることができますので、試合を観ながら勝敗や得点数、ハンデなどを賭けるといったライブベッティングの魅力を最大限に楽しむことができる日本のブックメーカーです。bet365には中級者以上の方を満足させる工夫が多く施されているのですが、初心者や英語が不慣れな方にはハードルが高めで、完全にゼロからスポーツベッティングを始める場合は使いやすい日本語対応のブックメーカーとの併用で理解を深めながら、bet365を利用するのが良いでしょう。

ベッティングガイドに行く