スポーツベッティングとは?

スポーツベッティングとは、Sports(スポーツ)Betting(賭け事)からなる言葉で、サッカーや野球などのありとあらゆる多種多様なスポーツの試合を対象に、試合結果を予想してお金を賭ける行為です。海外、特にヨーロッパなどでは、スポーツの試合にお金を賭けて楽しむという行為は広く一般的であり、非常に人気のある大衆的な娯楽コンテンツの一つとして知られています。日本においては、インターネットの普及とともに、ネット上での情報の共有・交換が簡単に出来るようになり、オンラインでのスポーツベッティングが徐々に知られるようになっていきました。

 

  • 歴史のある大手ブックメーカー
  • 200以上の賭けの種類
  • 日本語のサポート
Available Payments
  • すべてのページは日本語
  • アプリはクオリティが高い
  • 登録は簡単
Available Payments
  • 業界最大のブックメーカー
  • サポートは24時間365日
  • 無料のライブストリーミング
Available Payments

 

例えば、最近では海外で活躍する日本人サッカー選手が増えており、日本人選手が所属する海外のチームの試合中継をネット上で観戦する人も多くいる中で、そのチームにお金を賭けて応援するといったような楽しみ方をする人もいます。そのため、ブックメーカー(=賭けのサービスを提供する企業)によっては日本語に対応しているサイトもあるので、英語に不慣れな人でも容易にスポーツベッティングに参加することが可能です。

ニュース

Nippon-bookmakerのニュースはベッティングとスポーツのニュースを掲載しています。海外サッカーベッティングと日本プロサッカーリーグのベッティングだけではなくて野球のベッティング関連する最新のニュースをお届けします。

dafabet news
Kakeyo News logo
pinnacle news
netbet news
sportsbet io news

日本におけるスポーツベッティング

実は、日本にもスポーツベッティングといったようなものは存在しています。競馬、競輪、競艇(ボートレース)、オートレース、そしてtotoやBIGなどの愛称で呼ばれているスポーツ振興くじです。例えば、レースや試合の結果を予想するテレビ番組があったり、最近ではテレビでも競艇のCMが放送されていたり、スポーツベッティングという言葉には馴染みがなくても、多くの人々がその存在を認識しているという事実があります。ただ、これらはすべて公営ギャンブルであり、国や都道府県・市町村が管理主催するギャンブルのことを指し、ブックメーカーによって行われるものとは異なります。
 

  • マルチウォレット
  • 日本語を含11の言語
  • 日本人スタッフ
Available Payments
  • 高オッズ
  • 日本語で利用できる
  • 24時間365日サポート
Available Payments
  • 日本人向けに新設
  • 入金・出金の選択肢
  • 使いやすさ
Available Payments

 

ブックメーカーとは?

ブックメーカー日本により主催されるスポーツベッティングは日本の公営ギャンブルと異なり、各国の政府機関からライセンスを取得した民間のブックメーカーによって運営されています。ただ、世の中にはライセンスを取得せずに違法に運営を行っているブックメーカーも存在し、すべてのブックメーカーが必ずしも安全であるとは限りません。しかしながら、イギリスのウィリアムヒル(William Hill)のような世界的に有名なブックメーカーにおいては、公平性を保つための厳しい法規制に遵守し、利用者を守るための法律も細かく制定されていて、安全性・信頼性の面で高い評価を受けています。また、ブックメーカーの運営元には、上場企業や大企業、有名スポーツクラブのスポンサーや各種スポーツの世界大会のスポンサーを務めているところもあります。

そもそも、18世紀末にイギリスの競馬場で私設馬券屋が営業をはじめたのがブックメーカーの起源と言われています。その後、賭けに参加する人やブックメーカー業者が増え、1961年にイギリス国内で合法化され、ライセンスが発行され、国によって認可されたブックメーカーの企業が誕生しました。現在ではインターネットの普及により、世界中から簡単に参加でき、スポーツベッティング人口が爆発的に増え、数多くのブックメーカー日本サイトがオンライン上で営業しています。20ベットレビューに行く。

スポーツベッティング・ブックメーカー日本の特徴

試合がある限りは24時間いつでも賭けることが可能で、購入時点ではオッズが確定していない日本の公営ギャンブルに対し、ブックメーカーではオッズが最終的に下がっても、購入時のオッズが適用される仕組みになっているため、日本の公営ギャンブルよりも賭ける側に有利です。そして、大手ブックメーカーの中には、海外スポーツの試合映像を無料で視聴できるサイトがあり、お金を賭けなくても楽しむことができます。そして、ただ単に勝敗を予想するのではなく、ハンデや合計得点といった細かく分類された賭けの種類があります。また、還元率が日本の公営ギャンブルよりも高いので、スポーツベッティングのほうが比較的勝ちやすいと言えます。
 

  • 2020年に設立された
  • 無休の日本語サポート
  • 日本円決済可能
Available Payments
  • 60言語以上
  • 高いオッズ
  • 仮想通貨
Available Payments
  • アジア生まれ
  • アジアで人気のスポーツ
  • 日本語でサイト
Available Payments

 

スポーツベッティングの違法性

海外ではライセンスが発行されていて合法でも、日本から海外のスポーツベッティングに参加するのは違法なのでしょうか?また、参加した場合に問題がないのでしょうか?現在のところ、これらの質問に対する明確な回答はありません。そのため、日本における海外ブックメーカーへの参加はグレーゾーンと言われています。その理由は日本の刑法では賭博は原則として違法とされているのですが、オンライン賭博に関する具体的な法律が存在していないため、完全に違法であると認められていないからです。オンラインでの賭博なので、これにはカジノやポーカーのほかにスポーツベッティングも含まれます。

賭博罪では主催者であるブックメーカーと参加者であるプレイヤーのどちらもが処罰の対象となり、主催者と参加者の双方が日本国内にいた場合にのみ、違法賭博が成立します。海外でサイトを運営しているブックメーカー自体はライセンスを所有する、国に認可された合法的な会社で、日本の法律で処罰を与えることは非常に困難です。賭博罪は国内犯にしか適用されないため、同じスポーツベッティングに参加した海外にいる人やそれを取り仕切るブックメーカーは処罰されず,日本人が国内からプレイヤーとして参加した場合に日本人のみが処罰の対象になるということは、主催者と参加者の双方が日本国内にいないと成立しない賭博罪の対象にはならず、矛盾していると言えます。これらのことから、ルールを守り、信頼性の高いブックメーカーを選び、自宅でスポーツベッティングをする分には、賭博罪で有罪判決を受ける可能性は限りなく低いということが言えるでしょう。